《無料でお試し幼児教材の一覧》

幼児英語のおすすめ教材・絵本・動画DVD・アプリ・歌!英語教育のまとめ!

ぽ英語教育に興味があるけれど、どう始めれば良い?何をすれば良い?

英語教育を始めたいけれど、ある程度日本語の基礎がしっかりしてから英語教育をするべきではないか、子どもが混乱しないか、などよく言われます。

日本でも義務教育での英語教育が早期化されている通り、幼児から始める英語教育はおすすめです!

自宅で出来る英語育児として幼児向け「英語絵本・英語動画・英語の歌・英語教材・オンライン英会話」また、英語教室も併せて紹介します。

1歳のカナダハーフの娘は英語と日本語をしっかり理解して話せます。
※現在2歳、すっかりバイリンガルになりました!

英語教育でバイリンガルとして育つこと

夫がカナダ人のため、必然的に娘は普段から日本語と英語の環境で育っています。

日本はやはり日本人・日本語という括りがまだまだ他国に比べるとあるため、子どもが早い時期から英語を学ぶのは言語的に良くないのではないかという議論が良く出ます。

しかし、アメリカに至っては、ヒスパニック系アメリカ人・イタリア系アメリカ人・中国系アメリカ人とあらゆるルーツを持ったアメリカ人が暮らしています。そういう人たちは、家庭では母国の言語を話し、外に出れば英語を話すというのが一般的です。

英語が公用語の大国アメリカ・カナダ・オーストラリアなどは、そもそも移民で成り立ってきた国々のため、少なからず2カ国語以上を話す人がほとんどです。

2018年の”Psychology Today”の中の記事ではこのように示しています。

2016年度にアメリカ全人口における約22%がバイリンガルである。伝統的に多言語の国、例えばスイスでは、人口の42%が日常で2カ国語以上を使用する。

「引用:”Psychology Today“」

世界的に見れば、生まれてきてから2カ国語以上使用する人たちはとても多いのです。オランダやスウェーデンに至っては90%以上がバイリンガルです。そのため、早期英語(バイリンガル)教育などというのは、世界の他国によっては当たり前のことで、話題にすらなりません。

日本語もまだ大して話せないのに英語を使うのは良くないのではないかと思っていることは、日本ならではだと思います。

幼児英語はいつから?英語早期教育のメリット

幼児英語:1歳でも早く始めた方が確実に身に付く

何事もそうですが、子どもは早ければ早いだけ吸収します。語学は早期から始めた方が圧倒的に有利です。英語の発音・リスニング・スピーキングも月齢が早ければ早いほど効果は出ます。そのため、小さいうちに始めるに越したことはありません。

娘は1歳8ヶ月ですが、夫の英語も私の日本語も理解して、英語も日本語も簡単な単語なら話します。最近は特に話せる語彙が増えてきました。

幼児英語:日本語が話せるようになると英語に抵抗感が生まれる

周りでよく聞く話ですが、ある程度しっかりと日本語を話せるようになってくる4歳ぐらいから英語を始めた子どもは、幼児向け英語動画を見せようとしても嫌がります。なぜなら、「わからないから」。何を言っているか分からないから嫌だと言って見ようともしません。すでに、分からないことへの抵抗感が生まれます。

幼児英語 早期教育するデメリット

幼児英語:思考能力・論理思考が育たない

まず、良く言われるのが「日本語がまだしっかりと話せないうちに英語を入れると脳が混乱をして、まともな思考能力・論理思考が育たなくなる」という事です。

しかし、それが正しければ世界の半分の人々は論理思考ができないということになってしまいます。しかし、現実にそんなことはないでしょう。

幼児英語:語彙の獲得にかかる時間

唯一考えられるデメリットは、語彙を獲得するのに要する時間です。1日24時間のうち、子どもが起きている時間を単純に14時間として、7時間を日本語・7時間を英語で過ごすと考えます。すると、14時間全部をどちらか一方の言語で過ごしている子どもに比べて、語彙の発達が遅れるのはある意味当然と言えます。

我が家でもそうですが、日本で暮らしている以上やはり日本語を接する機会が多いため、英語漬けにはなりにくく、そこまで心配する必要もないと思います。

幼児英語の早期教育で気を付けたいこと

子どもは吸収するのも早いですが、一方で忘れていくのも非常に早いです。そのため、英語を始めても継続的に英語を使用しないと驚くようなスピードで忘れていきます。

また、我が家でも絶対に気をつけていることは、日本語と英語を決して混ぜて話さないということです。夫は日本語を話せたいため関係ありませんが、私は日本語と英語の両方を話せます。そのため、言語を混ぜることは絶対にしないようにしています。英語を話すときは英語だけ。日本語を話すときは日本語だけ。一文で決して日本語と英語を混ぜないようにしています。言語を混ぜて使うことこそが、子どもの言語を混乱させることだと思います。

幼児英語おすすめす学習法

自宅で出来る英語育児として幼児向け「英語絵本・英語動画・英語の歌・英語教材・オンライン英会話」また、英語教室も併せて紹介します。

幼児英語:英語絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせはとても知育に良いもので、英語の絵本の読み聞かせもおすすめです。

英語の絵本と言っても幼児向けのものはとても簡単な英文が多いので、お母さんの負担もそこまでないと思います。

英語のネイティブの発音を聞かせたいという方には、CD付きの絵本もおすすめです。

幼児英語:英語動画・英語DVD

家事の合間などにテレビを見せるのならば、英語向け動画がおすすめです。子どもは楽しみながら英語に接することが出来ます。

子ども向けなので、英語も簡単で分かりやすいです。そして、英語動画といえどアニメや教育番組など様々です。知育要素が高いものもたくさんあるのでおすすめです。

視聴方法も無料のYouTubeや有料のアマゾンプライムなどあります。

YouTubeは無料のため始めやすいですが、放置しているとエンドレスで色々な動画が流れるため注意が必要です。また、英語だし面白そうだから良さそうと思っても、ネイティブの英語でなかったり、差別用語を使ったりということもあるため、厳選する必要があります。

幼児英語:英語の歌

歌は子どもが楽しく英語に親しむことが出来ますね!

おすすめは、「バウンスパトロール」です。バウンスパトロールは、オーストラリアの5人による歌と踊りのグループです。

英語圏の子どもなら誰もが知っている童謡や童謡をリミックスアレンジしたもの、オリジナル曲などがあります。

アルファベット・数字・動物の鳴き声・ボキャブラリー・色・形など、知育的な内容も豊富です。安心して子どもに見せられる内容となっています。

YouTubeでも見られ、Amazonでダウンロードして聞くことも出来ます。

歌で楽しく学べる幼児向け英語「バウンスパトロール」

バウンスパトロール!歌で楽しく学べる幼児向け英語

幼児英語:幼児英語教材一覧

英語育児をトータル的にしっかりやりたい方は、幼児英語の教材がおすすめです。英語を学ばせたいけれど、どのように教えたら良いか分からないという方にもおすすめです。

  • こどもちゃれんじイングリッシュ
こどもちゃれんじイングリッシュの資料請求!しまじろう英語コンサートお得?
  • ポピーキッズイングリッシュ
ポピーキッズイングリッシュ!幼児ポピーの英語教材?気になる口コミ!
  • ディズニー英語システムDWE
ディズニー英語システムDWE!無料サンプルでもらえるもの!無料体験も!
  • ベビーパーク英語育児
ベビーパーク英語育児講座?幼児教室で人気のベビーパークが英語通信教育も!
  • ミライコイングリッシュ
ミライコイングリッシュ口コミ!トライアルDVD・オンライン無料サンプルがもらえる!

幼児英語:幼児英語アプリ

  • 楽天ABCマウス
楽天ABCマウス口コミと概要の徹底まとめ!試す価値ある1ヶ月無料キャンペーン

幼児英語:オンライン英会話

我が家では、カナダ夫がいるため英会話に通う必要はありませんが、娘が英語を話す姿を見ているとやはり普段の英会話のおかげだと感じています。アウトプット、つまりスピーキングが大事だと感じています。

幼児向け英語教材や歌、動画などは、インプット=リスニングのみです。インプットももちろん大切でリスニングの練習になります。娘にも家でテレビを見る際は、基本的に英語の幼児向け動画のみを見せています。

しかし、いくら英語を聞いても、それを試す機会がないと上達しません。本人に話しかけてくれないと、答えることは出来ません。

そこでおすすめしたいのは、英会話です。

最近では、幼児向けのオンライン英会話も普及しています。

定期的に教室に通うことが難しい場合、オンライン英会話だと自宅にいながら子どもと英会話が出来て、時間の融通も効きます。しかも最近は無料体験レッスンや価格の安い幼児向けオンライン英会話が増えているため、試しやすいと思います。

  • リップルキッズパーク(試しました!)

「読売新聞」「アルク」など、多数メディアに取り上げられ、サービス満足度99.4%を獲得しています。最安270円からの割引レッスンです。3歳から高校生までが対象です。

\無料体験レッスン/

こども専門オンライン英会話ならリップルキッズパーク

【リアルな口コミ】リップルキッズパーク無料体験!1歳でオンライン英会話に挑戦!
  • オンライン・インターナショナルスクール(Global Step Academy)

日本の義務教育を受けながらインターナショナルスクールにオンラインで通えます。

最終的にはネイティブレベルを目指すことができるカリキュラムで、3歳から12歳の子どもが対象です。

\レッスン1ヶ月無料体験/

Global Step Academy【キャンペーン実施中】

  • ハッチリンクジュニア

満足度96%以上の子ども専用、オンライン英会話スクールです。3歳~15歳までの子どもが対象です。

\最大2回の無料体験レッスン/

【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

  • hanaso kids ハナソキッズ

他の英会話スクールのグループレッスンと比較して、 子どもが英語を口にする時間が何倍も多く、英語をどんどん話して、思う存分英会話を楽しめます。3歳から中学生が対象です。

\2回の無料体験レッスン/

子供向けオンライン英会話 hanaso kids【キャンペーン実施中】

  • Kids Star English

無料体験後の入会率は40%以上で、「1レッスン」約500円という値段で始められる子ども専用英会話です。3歳から始められます。

KidsStarEnglish

  • GLOBAL CROWN

講師が全員バイリンガルのため日本語でのフォローが可能です。初めて英会話をやってみるお子さんもお母さんも安心して受講できます。3歳から小学校高学年までが対象です。

バイリンガルなので初めてでも安心!子ども英会話【GLOBAL CROWN】

その他の子供のオンライン英会話も知りたい方は、

幼児英語:英語教室

英語教室はネイティブの先生と話せるチャンスなのでとても良いですよね。年齢が上がると英語で話すことを恥ずかしがる子どもが多いので、早めに慣れておくことが大切です。

有名な幼児向けの英会話教室には、ラボ・パーティNOVAバイリンガルKIDSジオスバイリンガルスクールがあります。

コドモブースターという習い事を検索できるサイトは、エリアで検索できるので近所にある英会話教室が見つかるはずです。無料体験をすると2000円分のAmazonギフトカードももらえます。

コドモブースターで2000円もらえるキャンペーン!

コドモブースターキャンペーンでAmazon2000円!予約やクーポンもらい方まとめ

英語教育を始めよう

世界的に見れば、生まれてから2カ国語以上で育つ環境は、とても一般的なことです。娘は1歳8ヶ月で、日本語と英語を理解し、日本語と英語の単語を話します。

2020年度の英語の教科化にともない、幼児の英語早期教育を始める機会だと思います。

幼児英語と言っても、様々な取り組み方があります。自宅で始められるものもたくさんあります。いくつか試してみると、どれを子どもが楽しんでいるか分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です