《無料でお試し幼児教材の一覧》

断乳はいつから?断乳方法やスケジュールの実録【生後10ヶ月】

断乳方法

1歳までは授乳を続けているお母さんが多数だそうです。私は娘が10ヶ月の時に断乳を決意しました。

断乳するに至っては、家庭により理由もそれぞれだと思います。保育園に預けるためという方も多いと思います。

我が家は、おっぱいへの執着もなく離乳食をちゃんと食べていたという理由で断乳をしました。

今回は、どのように断乳をしたか。その経過など実録をご紹介します。

アプリで管理

妊娠・出産・子育ての疑問と悩みを解決するママ向けお悩みQ&Aアプリ「ママリ」は、無料なのにとても役立ちます!

断乳」に関する記事や質問を読むことが出来ます。おすすめです↓

ママリ- ママ向けQ&Aアプリ

ママリ- ママ向けQ&Aアプリ
無料
posted withアプリーチ

ママにおすすめ記事

育児書おすすめ厳選【母乳・寝かしつけ・育児】初めての子育てで読んでおきたい!

妊婦プレママ・ママ応募者全員無料プレゼントキャンペーン2020年一覧

断乳いつから?断乳に至るまでの記録

断乳・卒乳に至たるまで

生後10ヶ月になるまでほぼ完母(→授乳記事)で育てていました。

生後数ヶ月は母乳が足りているのか心配で粉ミルクをあげたりしたこともありました。その後、母乳が足りていることが分かり、あげなくなりました。

6ヶ月ぐらいの時に夜少しでも長く寝て欲しくて粉ミルクを寝る前にあげてみたりもしました。しかし、それも長くは続かずに基本的には母乳育児でした。

離乳食は5ヶ月になるとともに、すぐ開始しました。最初から食欲が旺盛で食事に関しては悩むこともありませんでした。7ヶ月には離乳食も3回食にしました。

最後の方の授乳回数はというと、朝・お昼後・午後3時〜5時のどこかで1回・寝る前と1日4回していました。授乳時間は長くて5分、基本的には3分ぐらいでした。8ヶ月のときに夜間断乳(→夜間断乳の記事)をしたため、夜はなしでした。

断乳を決意した理由【断乳生後10ヶ月から】

  • 娘がおっぱいを欲しがることがなかった

おっぱいへの執着がなかったようで、おっぱいを自ら飲もうとしたり、触ったりということがありませんでした。

  • 私がなんとなく授乳していただけ

出産して以来、毎日授乳を続けていたため、その延長で授乳をしていました。離乳食もしっかり食べているし、おっぱいを欲しがることもありませんでしたが、いつもの習慣であげていました。

  • 離乳食を3食ちゃんと食べていた

食べることが大好きなようで、何でもよく食べていました。

  • おっぱいでの寝かしつけをやめたい

寝る前に授乳をすることが習慣になっていたため、寝かし付け=おっぱいとなっていました。おっぱいを飲みながら寝ることもありましたが、起きてしまうときは寝るまでずっとしゃぶらせていました。この寝かし付けをやめたいと思いました。

  • 小児科の先生の了承を得た

10ヶ月検診の際に断乳について聞いてみたところ、1歳ぐらいまで授乳する人は多いけど、問題なく食べてるなら10ヶ月でやめても大丈夫だし、10ヶ月ぐらいで断乳する人も多いとのことでした。

最終的にはなんとなく授乳していた訳で、朝は胸が張っているからあげて、朝寝も泣いて面倒臭いときはおっぱいで寝かしつけて、お昼も面倒臭いからおっぱいで寝かしつけて、午後は覚えていたら授乳して、夜は夜間胸が張るから授乳して…というかなり適当な感じになっていきました。

寝かしつけのためのおしゃぶり的な役割の方が大きくなっていったのでやめました。

断乳をする前に気をつけたいポイント

断乳のやり方は桶谷や助産師の方にやってもらう方もいると思いますが、もちろんお金がかかってしまいます。そのため、私は自分でやりました。

断乳をするからといって普段通り授乳していたのに、急に「今日から断乳!」とやってしまうと、絶対に胸がパンパンのカチカチになって大変なことになってしまうと思います。

断乳に向けて母乳の分泌量を減らすことが大切だと思います。

断乳に向けてやったこと

私はまず、授乳回数を減らすことから始めました。

断乳開始前の10ヶ月の時には、授乳は1日4回くらいしていました。朝晩と日中の2回です。

まずは、日中をなくして朝と晩の1日2回にすることから始めました。2日ぐらい経つと日中も胸が張らなくなります。

張らなくなったら、今度は夜をなくして朝だけ授乳。1日1回にすると、最初は流石に寝る前には張ってきます。そうしたら、自分で搾乳!

手で優しく胸を包んで上下左右に動かしてから、指で搾乳。胸が特に張っているところは、ピューピューすごく出てきます。ポイントは搾乳しすぎないこと。胸の張りがなくなって少し楽になったところで止めておきます。搾乳し過ぎるとまた母乳が作られすぎてしまいます!

1日の授乳回数4回→2回→1回と徐々に減らしていくと胸のトラブルも軽減すると思います。

1日1回で落ち着いたら、ついに断乳!

断乳方法と断乳スケジュール

断乳する前に授乳回数を減らして母乳の分泌量を減らすことに成功したら、断乳をしましょう。

私がやってみた断乳方法を紹介します。

断乳1日目2日目

なるべく放置します。張りすぎたり痛くなったら軽く搾乳するぐらいにしておきます

断乳3日目

しっかりめに搾乳します。それ以降は放置。

断乳10日目

しっかりめに搾乳します。

断乳から1ヶ月後

搾乳をしてまだ母乳が出たら、また1ヶ月後。

私は断乳してから2週間でもう胸が張ることもなくふにゃふにゃになりました。

自分で断乳をしてみた結果

ネットの情報をもとに自分で断乳してみましたが、乳腺炎になることもなく無事に着断乳に成功しました。(乳腺炎など心配な方は、有料で桶谷などでやった方が安心です)

娘の場合は、おっぱいに全く執着もなかったため断乳がやりやすかったと思います。

私は娘が生まれてから10ヶ月間、母乳育児でした。長かったようなあっという間でした。最初の数ヶ月間は、母乳育児もトラブル続きで本当にストレスでしかありませんでした。しかし、徐々に慣れていき、トラブルも自分で解決できるようになり、夜間断乳を経て、断乳に至りました。娘も成長しました。

今回は断乳をされる方の参考になればと思い、記事にすることにしました。

 

妊婦プレママ・ママ応募者全員無料プレゼントキャンペーン2020年一覧

【2020年最新】妊婦プレママ・ママ応募者全員無料プレゼントキャンペーン一覧

あわせて読みたい

母乳育児に苦労しているお母さんへ【月齢ごとの授乳】

夜間断乳、生後8ヶ月の実録!夜間断乳のやり方やスケジュールも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です