雨が好きになるおすすめ絵本

Facebook
Twitter
Email
Table of Contents

雨の季節になりました。小さい子どもがいると雨って本当に嫌ですよね。近所の買い物に行くのも一苦労。そして、子ども自身も靴を履いて外で遊べないのでストレスが溜まります。

そんな梅雨の時期、家で過ごすのにぴったりの雨に関する絵本を紹介します。子どもも雨が好きになるかもしれません。

0歳・1歳におすすめの雨の絵本

かさちゃんです。

かさちゃんがぱっと開くと、ほかの色とりどりのかさたちもやってきました。ぴちゃぴちゃとんとん、ぴちゃとんとん、かさちゃんぞろぞろ……。雨さんがやんだら風さんがひゅるりんひゅ~とやってきて…。

おさんぽ おさんぽ (0.1.2.えほん)

雨上がりに、長靴を履いて外へ出かけると、いろいろなものに出会います。ようく地面を眺めてください。そこにはカエル、カタツムリ、まだ濡れた草花、それに大きな水たまり。水たまりを見つけたら、子どもは飛び込みたくて仕方ありません。まずは片足をバシャ。勢いづいたら両足でバシャバシャ。ついには長靴も脱ぎだしてバシャバシャバシャ。雨の日に読めば、楽しいおさんぽに出かけた気分になれますよ。

2歳におすすめの雨の絵本

ぴっちゃんぽっちゃん

こねこのプチュは、雨の音にさそわれて散歩にでかけます。葉っぱの裏で雨宿りするちょうちょや、かたつむりにカエル……。雨の日ならではのおともだちがたくさん登場します。みんなでおうたを歌えば、キラキラ虹がかかります。

かさ

雨の日も大好き、かさをさせるから! 小さい子どもたちの、そんな気持ちにぴったりの絵本。はずむ言葉と美しい色の絵で、かさをさして歩く楽しさを描きます。

3歳におすすめの雨の絵本

あめふりさんぽ

今日はあめふり。
そうだ。
大好きな赤い雨傘をもって長靴をはいて、水色のカッパをきて
あめふりさんぽにいこう。

ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ
長靴で楽しい音をたてながら、雨好きのお友だちと一緒に
あめふりさんぽ。

ぞうくんのあめふりさんぽ

我が家に『ぞうくんのさんぽ』がありますが、その同じシリーズのあめさんぽです。

今日は雨降り。それでもぞうくんはごきげん。かばくんと一緒にお池の中を散歩します。ところがお池は深くなって、泳げないぞうくんは困ってしまいます。

対象年齢を気にしない絵本の読み聞かせで知育効果

梅雨の時期も楽しい雨の絵本で知育

雨の日は家にいることも多くなってしましますよね。家で過ごすのならば、絵本の読み聞かせをしたいところです。外は雨、そんな時は雨に関する絵本を読んであげましょう。そうすれば、雨も楽しくなるかもしれません。

0歳から知育を極めたい方におすすめ記事!

知育教育とは?0歳から3歳までの知育方法【玩具・教材・絵本・教室】一覧

Facebook
Twitter
Email

プロフィール

Setsukodiary icon

2017年生まれ女の子の知育ママ

公文:算数・国語6学年先取り学習

あらゆる通信教育を受講中

幼児向け知育や英語に関することを主に綴っています。

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ    

人気記事


タブレットで学ぶ幼児・小学生・中学生向け通信教育[スマイルゼミ]