RISU算数(リス算数)の口コミブログ!算数特化のタブレット教材の効果は?

RISU算数の本音口コミ
Facebook
Twitter
Email
Table of Contents

RISU(リス)算数は、小学生の通信教育の中でも算数に特化した唯一のタブレット教材です。幼児期はRISUきっず、小学生からはRISU算数です。

RISU算数は、経済産業省の未来の教室のEdTechサービスの中で掲載されているほど実は注目度が高いのです。

RISU算数はタブレット教材の特徴として、算数の先取り学習が出来るという「先取り効果」があります。RISUきっずもRISU算数も使用するタブレットは専用の同じタブレットなので、幼児期からRISU算数に進むことも可能です。

実は、日本の算数教育の遅れに関する論文の記述があります。

国際的に見ても日本の幼児算数教育は遅れている

引用:全国数学教育学会誌

RISU算数ならば、タブレット教材なので紙教材よりも取り組みやすく、算数教育の遅れにも先取りで対策出来ます!

さらに、RISU算数の受講者が中学受験で有名な予備校の四谷大塚の統一模試で全国成績1位になった話題にもなりました。

RISU算数

Setsukodiary icon

公文の算数と国語で6学年先取り学習をしている3歳の娘が、今回はRISU算数を試してみました。

RISU算数はお試しするべき!

通常入会だとお試しがなく、年間一括払いとなるところ当サイトクーポンコードで1週間お試し出来ます!

お試しでしっかりと取り組んでみましょう!

先着50名様限り利用可能なクーポンコード als07a

RISU算数の効果

口コミの中でも実際に算数の学習効果があるの?と言うところが一番気になりますよね。

RISU算数の効果を3つまとめました。

先取りでどんどん進む

RISU算数はタブレット教材なので、すべてのレベルが入っています。

問題を解けば解くほど、学習を進めることが出来るので先取り学習が可能です。

RISUきっずもステージをこなすと、RISU算数に進むことが出来ます。

子供のやる気次第で、どんどん先取りできるので、算数の能力が育つ効果があります。

RISU算数先取り

Setsukodiary icon

これは、RISUきっずからRISU算数に先取り出来た時の画面です。簡単に切り替えられます。

算数の先取りに関してはよくRISU算数と公文の算数が比較されます。比較記事はこちらをご覧ください。

計算だけではない文章問題も解ける

よくRISU算数と公文の算数を比べることがありますが、公文の算数が一般的に計算問題が主なのに対して、RISU算数は文章問題も出題されます。

足し算の問題も、公文は計算問題が何百枚も続くところ、RISU算数は文章問題があります。

RISU算数

Setsukodiary icon
Setsukodiary icon

算数だけでない、読む力、読解する力も付いてきます。

自分で解く力がつく

RISU算数はタブレット教材なので、自動添削で子供1人でもサクサクと問題をこなすことが出来ます。

解答を間違えてしまった場合も、子供がすぐに親を呼ぶことはありません。

まず、間違っていることは分かりますが、すぐに正解が出てくることもありません。

問題の画面下には「ヒントを見る」が出てきます。

そこで、ヒントを見ながら自分で解く力がしっかり付きます。

RISU算数

 

先着50名様限り利用可能なクーポンコード als07a

更なる効果ならRISU新サービス

RISUの新サービス「RISU偏差値リカバリーが始まりました!

算数が特に苦手な子供が対象で短期間で算数の偏差値を上げるのが特徴です。

対面レッスンかオンラインレッスンの2種類があります。

さらなる算数効果が欲しい方は、詳しくはこちらをご覧ください。

RISU算数の口コミ【メリット・デメリット】

RISU算数を受講してみて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

メリットの口コミ

RISU算数を受講して感じた口コミでメリット4つをまとめました。

タブレットだから継続しやすい

RISU算数は紙教材とは異なるタブレット教材ならではの取り組みやすさがあります。

タブレットはRISU算数専用のタブレットです。(退会後も受講済み分は復習でき、初期化でAndroidのタブレットになるのでそのままタブレットも使えます!)

専用のペンも付きます!

紙教材に比べて、書くのも簡単、自動添削で即座に丸つけ出来るので、子供の負担も減ります!

RISUタブレットとペン

紙教材は子供が書くのに疲れたりしますが、タブレットだからペンでスルスル書けるので、手の負担も減ります。

タブレット教材でいうと、スマイルゼミチャレンジタッチも人気があります。

RISU算数とスマイルゼミの比較記事はこちらをご覧ください。

先生動画で算数の理解が深まる

RISU算数の特徴として、東大生のチューターが動画で算数を教えてくれます。

Setsukodiary icon

この動画配信に子供は釘付け!

RISU算数東大生

動画配信だと先生が自分に教えてくれているようで、子供もしっかり聞きます。

教え方が上手いか下手かというのは、子供の算数効果にも大きく影響します!

教え方が下手で子供がなかなか理解をしないと、分からないから嫌だ!となってしまいますよね。

その点、RISU算数は大学生チューターが上手に教えてくれるので有り難いです。

RISU算数動画

思考力問題がある

計算問題、文章問題だけでなく、思考力問題もあるのがRISU算数です。

特に、スペシャル問題は、中学校受験の入試問題から抜粋された思考力問題もあります。

数字ならべクイズでは、規則で並んでいる数字の空欄に何が入るか考えます。

「1-2-3-5 -? -13-21」

RISU算数思考力

分からない場合は、「ヒントをみる」ですぐに解答に飛びつく前にヒントで考えて自分の力で解答出来るようになっています。

復習をいつでも出来る

復習をいつでも出来る点も、タブレット教材ならではのメリットです。

Setsukodiary icon

紙教材だと一回鉛筆で書いてしまうと復習になりませんよね!コピーを取るのだって面倒!

RISU算数

各ステージのどの問題も、復習することが出来ます。

どんどん順調に先取り出来たけど、過去にやった内容を忘れてしまった時などに役立ちますよね。

RISU算数受講者の実績がすごい

  • SAPIX組分けテスト満点1位(2021年1月〜3月時点)
  • 四谷大塚全国統一小学生テスト1位

など、受講者の実績がたくさん紹介されています。

RISUブログでは、算数検定に先取り学習で合格した子供たちの合格体験が随時更新されているので参考になります。

算数検定の検定料が無料に

RISUは「日本数学検定協会」と公式提携をしています。

そのため、先取り学習で学年より上の算数検定に合格するとRISUが全額サポートするという検定料が実質無料になる制度があります。

ちなみに、算数検定の検定料2,000円から7,800円が実質無料になるのは嬉しいサービスですね。

 

先着50名様限り利用可能なクーポンコード als07a

デメリットの口コミ

デメリットの口コミの大部分は料金体系です。入会前にしっかりと確認しましょう。

タブレットの操作

タブレット学習に慣れていないと、最初はタッチペンの操作に戸惑います。

ペンでタッチしても上手く反応しなかったりすることがあります。

また、学習の進め方もどこをタッチするのか、どうすれば元の画面に戻れるかなど、慣れるまでには時間がかかります。

料金体系が複雑

親として一番気になるポイントでもあるのが料金ですよね。

RISU算数は料金体系が複雑というところが、一番のデメリットです。

絶対に知っておきたい

  • 基本料金32,736円(税込)一括払いのみ
  • 毎月「利用料」が追加

利用料とは、月平均クリアステージ数(RISU算数の契約開始からクリアした累計ステージ数 ÷ 利用月数)に応じた以下の金額です。

これだけ聞いてもなかなか難しいですよね!

先取りもたくさんしてしまうと月額料金が高額になってしまうので注意です。

詳しいRISU算数の料金体系はこちらの記事で解説しています。

RISU算数は絶対にお試しから始めること!

RISU算数は通常入会だとお試しがありません。しかも、基本料金は年間一括払いで返金がありません。

当サイトクーポンコードでは、1週間お試し出来ます!

お試しでしっかりと取り組んでみましょう!

クーポンコードでお試し体験する方法

手順1
RISU算数・RISUきっず公式サイトへ
手順2
お試し申し込み
「サービスお申し込み」を選択
RISUきっず申し込み
手順3
基本情報を記入
申し込みに必要な必須事項を記入します。
RISUきっず申し込み②
手順4
クーポンコードals07aをお忘れなく!
一番下の方までいくと「クーポンコード」が出てきます。
そこに、als07aを記入ください。
忘れてしまうと、お試し出来ないのでお忘れなく!
RISUきっず申し込み③
手順5
1週間試してみましょう!

お試し後に入会する場合は、そのまま利用できます。
お試し後に入会しない場合は、以下のことに気をつけましょう!

  • 解約は1週間以内に必ず連絡する
  • 解約時は返送料1,980円がかかる(クレジット決済)

先着50名様限り利用可能なクーポンコード als07a

入会しない場合はタブレットの返却に送料・保険料として登録のクレジットカードより税込1,980円がかかります。

無料ではないのでご注意ください。

算数特化はRISUきっずとRISU算数以外に、モコモコゼミの算数強化コースがあります。

通信教材の総合レビューはこちらから。

Facebook
Twitter
Email